ROLEXのブレスが留まりにくくなったら

 

ロレックスの↑のタイプのブレスでは、

長年使い続けていると、留まりがゆるくなってしまうケースがあります。

中にはまったく留まらなくなってしまうことも。

そんなときはブレス修理・・・となりがちですが、

修理に出す前にやってみてほしいことがあります。

 

 

↑の矢印部分を矢印の方向に少し曲げるのです。

もともと少し曲がっている矢印部分が平らになってきてしまったのを戻してあげるイメージです。

この程度であればわざわざ手間とお金を払って修理に出すこともないのでぜひ一度やってみてください。

強い力でやってしまうと曲がりすぎるので要注意。あくまでも自己責任でお願いしますね。

それでもよくならない場合は・・・

他の原因が考えられますので潔く修理へお願いいたします。

 

時計修理専門店アトリエ スピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です