【ORIENT/オリエント】デザインに一目惚れして使い続けてきた時計

(埼玉県 Sさまよりご依頼)

 

お預かりしたのはラウンド型のケースが印象的なオリエントのニューシャネル。
搭載されているキャリバーは5040で、昭和50年頃にお買い求めになった時計だそう。
その前に別の時計を使用していたそうなのですが運悪くなくされてしまい、
代わりの時計を探していたところ一目惚れして購入したのがこのニューシャネルです。

 

 

 

文字板は腐食してしまっておりましたがムーブメントは綺麗な状態で、
オーバーホールによって今後もまだまだ現役で動き続けることでしょう。
このキャリバー5040は非常に小型で、指輪型のリングウォッチにも使われております。
オリエントの時計といえば、リングウォッチのように個性的な時計を世に送り出してきました。
しかし今年の4月に親会社のセイコーエプソンに統合されることで、
ブランドは継続するものの、法人としては66年の歴史の幕を閉じることとなりました。
優秀な時計も多かったので残念ですが、
1つでも多くの時計が今後も時を刻み続けることを願います。

 

<サービス内容>

・オーバーホール ¥18,000
・初回割引 ・・・ ¥-900
・先払い割引 ・・・ ¥-900
・事例紹介割引 ・・・ ¥-900
計 ¥16,524(税込)

 

時計修理専門店アトリエ スピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です