【事例紹介】ALBA/MICKY MOUSE WATCH/オーバーホール

 

(埼玉県 A様よりご依頼)

 

 

こちらの時計はアルバ(セイコー)のミッキーマウスウォッチです。
動いたりすぐに止まったり、という状態で今後も使いたいとのことで
オーバーホールのご依頼を頂きました。

 

止まりの原因はプラスチックでできている地板の
ピンが折れてしまっていたことにより、
歯車がうまく動かないことが原因でした。

 

交換パーツはすでに生産中止で
懇意にしているパーツを扱う会社でも入手不可でした。
思わず頭を抱えましたが、何とか入手することができました。

 

特にクォーツの時計はオーバーホールをするよりも
新しい時計を買ってしまったほうが安いケースもあります。
そのため積極的にオーバーホールをオススメはしないのですが、
やはり愛着のある時計は、ブランドに限らず何とか動くようにしたいですし、
動くようになった時はこちらも常に嬉しいものです。

 

また、パーツは国内外含めてあらゆる方法で入手できるよう努めておりますので
パーツの問題で修理を断られてしまった時計がありましたらぜひお声がけください。

 

 

<サービス内容>

・基本OH(オーバーホール)料金 ・・・ ¥12,000
・ガラス交換・・・ ¥1,500
・初回割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-600
・先払割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-600
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-600

計 ¥12,636(税込)

 

時計修理専門店アトリエ スピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』