【事例紹介】BREITLING/ CHRONO COCKPIT/オーバーホール

 

(埼玉県 H様よりご依頼)

 


 

<お預かりした時計について>

【ブランド】ブライトリング

【モデル】クロノコックピット

【ムーブメント】Cal.7750

 

<症状>

・少し遅れてきた

 

→シェル文字板が美しいブライトリングです。
内部は油切れによって精度に影響が出てきている他、
自動巻がほとんど機能していない状態でした。
原因は下記の切替車と呼ばれるパーツの不具合です。
油切れによって芯がくびれたように減っています。

 


 

Cal.7750をはじめ、油切れのままお使いになられた場合に、
比較的よく不具合が起きる部分です。
中が見えないためなかなか判断しづらいと思いますが、
前回オーバーホールから4年程度年数が経過している他、
精度が遅れてきたり(ヒゲゼンマイの変形によって大きく進む場合もあります)、
リューズによる巻き上げが重くなったと感じるようになってきたら
オーバーホールの目安です。
今回は残念でしたが、パーツ交換をせずに済む場合も多いです。

 

<サービス内容>

・基本OH(オーバーホール)料金 ・・・ ¥44,000
・シェル文字板追加料金・・・ ¥5,000
・切替車交換・・・ ¥4,200
・初回割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-2,200
・先払割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-2,200
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-2,200

計 ¥50,328(税込)

 

時計修理専門店アトリエ スピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』