【事例紹介】SEIKO/GRAND SEIKO/オーバーホール

 

(埼玉県 W様よりご依頼)

 





 

<お預かりした時計について>

【ブランド】セイコー

【モデル】グランドセイコー

【ムーブメント】Cal.6145A

 

<症状>

・止まり

 

→今回は少し特殊なオーバーホールとなりました。
ご依頼主様のお父様がお持ちになられていた時計で
ずっとオーバーホールされていなかったようで
ムーブメント内部はサビが発生しなかなかの状態でした。
特にゼンマイの外端部分が折れているようで、
通常であれば要交換ですが、パーツが残存しておりません。
また香箱も「DO NOT OPEN」となっており強くかしめられております。

 

 

強引に開けると香箱の歯が折れるリスクもあり、
一方では巻上効率こそよくないものの
ワインダーで3時間巻上げて30時間程度のパワーリザーブがあったため、
ご依頼主様と相談させて頂いた結果、
このままの状態でオーバーホールを行うことになりました。
外端部分が折れていながらもトルクもよく、
振り角もきちんと出ており精度も良好という奇跡的な状態でした。
ただし、自動巻のオーバーホールとしては
不完全な状態に変わりはないため
手巻の料金で対応させて頂きました。
こうしたイレギュラーな対応もご要望に応じて承ります。

 

<サービス内容>

・基本OH(オーバーホール)料金 ・・・ ¥25,000
・サビ落とし・・・¥2,000
・初回割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,250
・先払割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,250
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,250

計 ¥25,110(税込)

 

時計修理専門店アトリエ スピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』