【事例紹介】OMEGA/Speedmaster/オーバーホール

 

(埼玉県 T様よりご依頼)

 


 

<お預かりした時計について>

【ブランド】オメガ

【モデル】スピードマスター

【ムーブメント】Cal.1140

 

<症状>

・止まり

 

→長期間メンテナンスの機会がなく止まったままになっていたそうです。
防水が効いておらずケース内外にかなりサビが発生しておりました。
内部も特にボタンやリューズから湿気が入ってしまい、
巻芯やボタンと接触するスタート/ストップレバー、リセットレバーも錆びてしまっておりました。
その他の内部パーツは大丈夫だったのですが、
意外と大変だったのがバネ棒のサビでケースからブレスを破壊することができず、
最終的にはバネ棒を折り、ケースに折れ込んだネジ棒の先端をハンドドリルで削って取り出しました。
かなりの大手術になりましたが見違えるように綺麗になってお戻しとなりました。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金 ・・・ ¥44,000
・スタート/ストップボタン交換(ジェネリック品)・・・ ¥3,000
・リセットボタン交換(ジェネリック品)・・・ ¥3,000
・リセットボタン交換(ジェネリック品)・・・ ¥3,000
・リューズ交換(純正品)・・・ ¥14,500
・スタート/ストップボタンレバー交換・・・¥5,200
・リセットボタンレバー交換・・・ ¥4,600
・バネ棒取り外し・・・ ¥2,500
・バネ棒交換・・・サービス
・風防研磨(小キズ取り)・・・サービス
・初回割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-2,200
・先払割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-2,200
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-2,200

計 ¥75,816(税込)

 

Twitter(ムーブメントの動画やお知らせなど。フォロー大歓迎)→@spicawatch

時計修理専門店アトリエスピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』