【事例紹介】OMEGA/Speedmaster/オーバーホール

 

(埼玉県 K様よりご依頼)

 

 

<お預かりした時計について>

【ブランド】オメガ

【モデル】スピードマスター

【ムーブメント】Cal.3220

 

<症状>

・リューズが取れてしまった

 

→リューズが取れて使用できなくなったことと、
オーバーホールも合わせてのご依頼となりました。
リューズそのものは大丈夫で、リューズと内部のムーブメントをつなぐ
巻芯というパーツが折れてしまったことによる不具合でした。
ムーブメントそのものの状態はよく交換パーツもなかったのですが、
このリューズの根元での巻芯折れがなかなか難敵で
ガッチリ接着されており、そのまま取り外そうとしてももちろんダメで
熱を加えても緩まず、最終的には極小のハンドドリルで
リューズのネジ溝を傷つけないよう慎重に作業しながら地道に掘って取り出しました。
その結果、お客様を少しお待たせしてしまうこととなりました。
作業代とリューズ代を比較してリューズの方が安ければ交換という手もあるのですが、
そうはいかない時計も多いのでこのあたりの腕前やスピード感をもっと向上させねばと実感しました。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金 ・・・ ¥44,000
・巻芯取り外し・・・ ¥3,000
・巻芯交換・・・ ¥2,200
・初回割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-2,200
・先払割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-2,200
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-2,200

計 ¥46,008(税込)

 

Twitter(ムーブメントの動画やお知らせなど。フォロー大歓迎)→@spicawatch

時計修理専門店アトリエスピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』