【事例紹介】SEIKO/SUPERIOR/オーバーホール

 

(埼玉県 W様よりご依頼)

 


 

<お預かりした時計について>

【ブランド】セイコー

【モデル】スーペリア

【ムーブメント】Cal.9983A

 

<症状>

・定期的なメンテナンスとして

 

→ツインクォーツ搭載のセイコースーペリアです。回路やコイルに異常はなく、
1978年に登場したモデルとは思えないほど内部は綺麗な状態でした。
2つのクォーツ(水晶振動子)のうち1つは温度検出用。
温度変化による誤差を補正することでより高い精度を実現しています。
ちなみにクォーツの時計に使われている水晶は気温が25度付近で一番安定し、
この基準の温度から離れほど(低くても高くても)周波数は低くなります。
その影響で例えば真冬の0度などの気温下に置いておくと
時計の精度としては「遅れ」になります。
(1日に数十秒も遅れるわけれはないので使用上特に問題はありません)

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金 ・・・ ¥17,000
・特殊ケース追加料金・・・ ¥2,000
・初回割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-850
・先払割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-850
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-850

計 ¥17,766(税込)

 

時計修理専門店アトリエ スピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』