【事例紹介】IWC/AQUATIMER/オーバーホール

 

(埼玉県 Y様よりご依頼)

 


 

<お預かりした時計について>

【ブランド】インターナショナル・ウォッチ・カンパニー

【モデル】アクアタイマー

【ムーブメント】Cal.37524

 

<症状>

・定期メンテナンスとして

 

→切替車という、自動巻機構のパーツの芯が
すり減ってしまっており交換となりました。
原因は油切れによるものです。
油が切れたまま稼働すると驚くほどすり減ってしまいます。
通常こうなってしまうと手巻きでゼンマイを巻き上げる時も
引っかかりを感じたり異常に重くなってしまうのですが、
こちらの時計はそうした症状がさほどなかったので気付きにくかったと思います。
ただ自動巻の巻き上げ効率は極端に落ちるので、
時計が以前よりもすぐに止まるようになったとお感じの場合は、
ぜひご留意頂ければと思います。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金 ・・・ ¥32,000
・回転ベゼル追加料金・・・ ¥2,000
・切替車交換・・・ ¥4,200
・ケース・ブレス新品仕上げ・・・ ¥18,000
・初回割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,600
・先払割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,600
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,600

計 ¥55,512(税込)

 

Twitter(ムーブメントの動画やお知らせなど。フォロー大歓迎)→@spicawatch

時計修理専門店アトリエスピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』