【事例紹介】HAMILTON/オーバーホール

 

(埼玉県 S様よりご依頼)

 


 

<お預かりした時計について>

【ブランド】ハミルトン

【ムーブメント】Cal.581.001

 

<症状>

・遅れる

 

時計は動いているものの時々遅れてしまうとのことで
オーバーホールのご依頼を頂きました。
電池が切れかかると遅れる場合もあるのですが、
今回は電池はまだ大丈夫だったため針擦れや油の劣化を疑いました。
しかし針と文字板の間隔を取っても、
分解洗浄を行ってもしばらくすると少し遅れてしまいました。
回路やコイルを全部交換してしまえば一発で解消されるのですが、
それはあくまでも最終手段。
いろいろ探ってみた結果、回路とつながる2本のコイル線のうち1本が
断線しかかっておりました。
完全に断線はしていないのですが、ある姿勢になると導通しなくなるようでした。
コイル線がぐるぐる巻かれている部分に傷が入って断線している場合は
残念ながら交換となってしまいますが、今回は導電性の接着剤で補修。
その後は性能以上に遅れることもなくお戻しとなりました。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金 ・・・ ¥17,000
・初回割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-850
・先払割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-850
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-850

計 ¥15,606(税込)

 

Twitter(ムーブメントの動画やお知らせなど。フォロー大歓迎)→@spicawatch

時計修理専門店アトリエスピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』