【事例紹介】OMEGA/オーバーホール

【事例紹介】OMEGA/オーバーホール

2019年10月7日

 

(埼玉県 Y様よりご依頼)

 



 

<お預かりした時計について>

【ブランド】オメガ

【ムーブメント】Cal.210.001

 

<症状>

・止まり

 

→止まりでご相談頂きお調べしたところ回路等に問題はありませんでしたが
油が劣化していて消費電流がかなり高い状態でした。
とても思い入れのある時計でオーバーホールをご用命頂きました。
おそらく1970年代のOMEGAだと思います。
内部そのものは綺麗な状態でパーツ交換することなくお戻しできました。
クォーツ時計の場合はどうしても回路がいつか自然故障してしまいます。
10年程度の場合もあれば30年経過しても大丈夫なことも。
大切な時計を修理する者としては歯がゆいところで何年大丈夫とは言えないのですが
現存しているパーツがあればもちろん交換することで動く状態でお使い続けることは可能です。
ぜひ末長く大切にお使い頂ければ幸いです。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金 ・・・ ¥18,000
・初回割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-900
・先払割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-900
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-900

計 ¥16,524(税込)
※税率は8%当時のものです

 



時計修理店の日常を中心につぶやいてます。

フォロー大歓迎!

@spicawatch



Watch Movements Channel

チャンネル登録お願いします!



アトリエスピカWEBサイト