【事例紹介】PANERAI/LUMINOR POWER RESERVE/オーバーホール

 

(埼玉県 M様よりご依頼)

 


 

<お預かりした時計について>

【ブランド】ルミノール

【モデル】パネライ

【ムーブメント】Cal.9040

 

<症状>

・止まるタイミングが早くなってきた

 

パワーリザーブが0にならないうちに止まる状態で
オーバーホールのご依頼を頂きました。
原因は油の劣化によるものでパーツ交換の必要はなく
オーバーホール後はきちんとパワーリザーブのゲージが
0まで稼働するようになりました。
しかしながら・・・お戻し後に明らかに事前になかった
キズがあるとのご連絡を頂きました。
当店ではお預かり時と完了時に画像を残しているのですが
ご依頼主がおっしゃる通り事前になかったキズがついてしまっておりました。
ケースの開閉時や洗浄時等キズがつく可能性がある作業は
フィルムで保護する等キズがつく可能性を排除しているのですが
今回は最終点検後に裏蓋を閉める際に使う治具が強く当たりすぎ
爪で引っかいたようなキズがついてしまったようです。
それを見落とし納品してしまい大変申し訳ありませんでした。
こちらは仕上げをさせて頂きお戻しさせて頂きました。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金 ・・・ ¥34,000
・パワーリザーブ追加料金・・ ¥2,000
・初回割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,700
・先払割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,700
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,700

計 ¥33,372(税込)
※税率は8%当時のものです

 

時計修理専門店アトリエ スピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』