【事例紹介】OMEGA/オーバーホール

 

(埼玉県 O様よりご依頼)

 


 

<お預かりした時計について>

【ブランド】オメガ

【ムーブメント】Cal.244

 

<症状>

・すぐに止まってしまう

 

→1958年製の手巻きのOMEGAです。
時計の世界ではアンティークの部類に入ります。
長期間メンテナンスをされていなかったそうで
稼働はするもののすぐに止まってしまう状態でした。
油が完全に切れてしまっておりました。
非防水の時計のため歯車のサビ等が心配でしたが
幸いにも交換が必要なパーツはなく
オーバーホールのみで元気よく動き出してくれました。
製造から60年以上経ちますがメンテナンスをすることで
良好な状態を維持することができます。
次回オーバーホールの時期がきましたらぜひまたご用命くださいませ。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金 ・・・ ¥25,000
・アンティーク追加料金 ・・・ ¥5,000
・初回割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,250
・先払割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,250
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,250

計 ¥28,350(税込)
※税率は8%当時のものです

 

Twitter(ムーブメントの動画やお知らせなど。フォロー大歓迎)→@spicawatch

時計修理専門店アトリエスピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』