【オーバーホール・料金事例(組立動画あり)】OMEGA/Seamaster

【オーバーホール・料金事例(組立動画あり)】OMEGA/Seamaster

2019年11月20日

 

(埼玉県 U様よりご依頼)

 


 
 

↓組立動画

 

 
 

<お預かりした時計について>

【ブランド】オメガ

【モデル】シーマスター

【ムーブメント】Cal.1120

 

<症状>

・リューズねじ込みができない

 

リューズをねじ込めなくなってしまったことでお持ち込み頂きました。
ねじ込みができていないと常に非防水の状態となり、
水や湿気が入り放題になってしまう可能性があります。
こうなってしまった場合は内部にサビが発生する前に
なるべく早く修理に出して頂くことを強くオススメいたします。
今回は内部パーツは大丈夫だったのでよかったのですが
チューブがロー付けされているタイプで交換料金が高額になってしまいました。
ねじ込みができなくなっていた原因はネジ山の摩耗です。
当店ではオーバーホール時にフッ素系潤滑剤を塗布しております。
経年によってどうしても摩耗してきてしまう部分ではありますが、
こうした部分も定期的なオーバーホールで摩耗の進行を抑えることができます。
次回オーバーホールの時期がきましたらぜひまたご用命くださいませ。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金・・・ ¥32,000
・リューズ交換・・・ ¥18,000
・チューブ交換・・・ ¥7,500
・チューブロウ外し・ロウ付け・・・ ¥16,000
・初回割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-1,600
・先払割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-1,600
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-1,600

計 ¥74,196(税込)
※税率は8%当時のものです

 



時計修理店の日常を中心につぶやいてます。

フォロー大歓迎!

@spicawatch



Watch Movements Channel

チャンネル登録お願いします!



アトリエスピカWEBサイト