【事例紹介】OMEGA/Speedmaster/オーバーホール

 

(埼玉県 S様よりご依頼)

 


 

<お預かりした時計について>

【ブランド】オメガ

【モデル】スピードマスター

【ムーブメント】Cal.3220

 

<症状>

・止まり

 

調子が悪いとのことでオーバーホールのご依頼を頂きました。
内部はかなり油の劣化が進行してしまっており、
油が酸化して固化した汚れやパーツの削れた金属粉が
ムーブメント全体に付着してしまっておりました。
防水も効いていない状態でした。
防水不良の原因はリューズ・ボタンの
内部パッキンの劣化によるものがほとんどで
通常はリューズ・ボタン交換となってしまうのですが
当店では分解修理を行うことで
なるべく交換せずに済む方針でやっております。
風防も交換し綺麗になってお戻しできました。
次回オーバーホールの時期がきましたら
ぜひまたご用命くださいませ。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金・・・ ¥44,000
・ボタン・リューズ分解修理・・・ ¥5,000
・30分計位置ズレ調整・・・ ¥1,500
・香箱受け交換(ETA純正)・・・ ¥10,000
・プラスチック風防(社外品)・・・ ¥6,000
・初回割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-2,200
・先払割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-2,200
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-2,200

計 ¥64,692(税込)
※税率は8%当時のものです

 

Twitter(ムーブメントの動画やお知らせなど。フォロー大歓迎)→@spicawatch

時計修理専門店アトリエスピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』