【事例紹介】BREITLING/CHRONOMAT/オーバーホール

【事例紹介】BREITLING/CHRONOMAT/オーバーホール

2019年12月20日

 

(埼玉県 K様よりご依頼)

 



 

<お預かりした時計について>

【ブランド】ブライトリング

【モデル】クロノマット

【ムーブメント】Cal.7750

 

<症状>

・定期メンテナンスとして

 

昨日ご紹介させて頂いたナビタイマーと
同時にお預かりしたクロノマットです。
こちらのほうは残念ながら状態がよくなく
事前の防水検査(20気圧)はOKだったのですが
中に湿気や水分が入ってしまったようで
リューズまわりを中心にサビや緑青が
発生してしまっておりました。
おそらくねじ込み式のリューズが
解除された際に入ってしまったと思われます。
文字板のインデックスも崩れてしまっておりました。
ロレックスやオメガシーマスターなども
同様のねじ込み式リューズを採用しておりますが
解除している状態では防水が効いていないため
どうぞご注意ください。
こちらのクロノマットですが
なるべくパーツ交換を抑える方針でやっておりますが
サビによる腐食が進んでおり複数交換となりました。
オーバーホール後は良好に稼働しております。
次回オーバーホールの時期がきましたら
ぜひまたご用命くださいませ。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金・・・ ¥44,000
・巻芯交換・・・ ¥2,200
・オシドリ交換・・・ ¥1,800
・ツヅミ車交換・・・¥2,500
・キチ車交換・・・¥2,000
・ローター緑青落とし・・・¥2,000
・全体サビ落とし・・・¥2,000
・追加依頼割引(基本OH料10%OFF)・・・ ¥-4,400
・先払割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-2,200
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-2,200

計 ¥51,516(税込)
※税率は8%当時のものです

 



時計修理店の日常を中心につぶやいてます。

フォロー大歓迎!

@spicawatch



Watch Movements Channel

チャンネル登録お願いします!



アトリエスピカWEBサイト