【事例紹介】SEIKO/TYPEII/オーバーホール

 

(埼玉県 N様よりご依頼)

 


 

<お預かりした時計について>

【ブランド】セイコー

【モデル】タイプツー

【ムーブメント】Cal.7123A

 

<症状>

・止まり

 

約40年前に製造されたクォーツ時計です。
現状、回路やコイルブロックに問題はありませんが
油の劣化によって消費電流が高く
電池交換しても運針しない状態でした。
回路はやがて必ず寿命を迎えてしまいます。
その年数は20年前後とも言われておりますが
この年代の国産クォーツ時計の回路は
今でも稼働している個体も多い印象です。
自然故障の可能性をご理解頂いた上で
オーバーホールをさせて頂きました。
ムーブメントのつくりはしっかりしており
パーツ交換の必要もなく
オーバーホール後は順調に稼働してくれました。
消費電流の低下によって回路にかかる負荷は下がるので
回路そのものの寿命も伸びてくれたら幸いです。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金・・・ ¥17,000
・初回割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-850
・先払割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-850
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-850

計 ¥15,606(税込)
※税率は8%当時のものです

 

Twitter(ムーブメントの動画やお知らせなど。フォロー大歓迎)→@spicawatch

時計修理専門店アトリエスピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』