【オーバーホール・料金事例】Cartier/Tank Americaine Chronoreflex

【オーバーホール・料金事例】Cartier/Tank Americaine Chronoreflex

2020年2月12日

 

(神奈川県 M様よりご依頼)

 

 

<お預かりした時計について>

【ブランド】カルティエ

【モデル】タンクアメリカン クロノフレックス

【ムーブメント】Cal.212P

 

<症状>

・油の劣化

 

本日はムーブメントの画像がなくてすみません。
ピアジェ製のムーブメント212Pを搭載したクォーツクロノグラフです。
回路等に問題はありませんでしたが消費電流が高く
長期間メンテナンスされていないとのことで
オーバーホールのご依頼を頂きました。
パーツ交換なくお戻しできました。
こちらはフルダイヤモデルですが
ダイヤとダイヤの間に汚れが溜まりやすいです。
電解洗浄で綺麗になってのお戻しです。
次回オーバーホールの時期がきましたらぜひまたご用命くださいませ。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金・・・ ¥32,000
・宝飾時計追加料金・・・ ¥5,000
・追加依頼割引(基本OH料10%OFF)・・・ ¥-3,200
・先払割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-1,600
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-1,600

計 ¥33,048(税込)
※税率は8%当時のものです

 



時計修理店の日常を中心につぶやいてます。

フォロー大歓迎!

@spicawatch



Watch Movements Channel

チャンネル登録お願いします!



アトリエスピカWEBサイト