【オーバーホール・料金事例(動画あり)】チューダー/プリンス オイスターデイト

【オーバーホール・料金事例(動画あり)】チューダー/プリンス オイスターデイト

2020年4月30日

 

(沖縄県 A様よりご依頼)

 


 

 

<お預かりした時計について>

【ブランド】TUDOR

【モデル】PRINCE OYSTERDATE

【ムーブメント】Cal.2484

 

<症状>

・ローターが一緒に回ってしまう

 

既に2本ご依頼頂いたお客様から
チューダーのいわゆるデカ薔薇を
ご依頼いただきました。
手巻き時にリューズがかなり重く
ローターが一緒に回っている感じがする
とのことでご依頼を頂きました。
詳しく点検したところ、ご指摘の通り
いわゆるローター連れ回り現象が
起きてしまっておりました。
切替車の破損も疑いましたが
原因は油の劣化によるもので
交換の必要はありませんでした。

 

これまでオーバーホールを
させていただいた同キャリバーでは
自動巻の巻上効率がよくないことが
非常に多かったのですが
こちらは快調そのもので
無事にお戻しとなりました。
次回オーバーホールの時期がきましたら
ぜひまたご用命くださいませ。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金・・・ ¥32,000
・追加依頼割引(基本OH料10%OFF)・・・ ¥-3,200
・先払割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-1,600
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-1,600

計 ¥28,160(税込)

 



時計修理店の日常を中心につぶやいてます。

フォロー大歓迎!

@spicawatch



Watch Movements Channel

チャンネル登録お願いします!



アトリエスピカWEBサイト