【オーバーホール・料金事例】ロンジン/プレゼンス

【オーバーホール・料金事例】ロンジン/プレゼンス

2020年7月27日

 

(埼玉県 A様よりご依頼)

 



 

<お預かりした時計について>

【ブランド】LONGINES

【モデル】Presence

【ムーブメント】Cal.L.156.4

 

<症状>

・すぐに止まってしまう

 

電池を交換してもすぐに止まる状態で
オーバーホールをご依頼頂きました。
電池残量はまだ残っており
回路やコイルに異常はありませんでした。
こうした場合の止まりの原因は
ほとんどが油の劣化によるものです。
クォーツ時計は非常に小さな力で
動く設計になっているため
劣化した油が抵抗となり
歯車が動けなくなってしまうのです。
そうすると消費電流が高くなり
回路への負担が大きくなって
回路の寿命を縮める原因にもなります。
オーバーホールを行うことで
内部はほぼ新品時の状態に近づくため
ご購入から10年以上経過している場合は
ぜひ一度ご検討ください。
こちらのロンジンもパーツ交換はなく
オーバーホール後は消費電流も低下し
良好に稼働してくれました。
次回オーバーホールの時期がきましたら
ぜひまたご用命くださいませ。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金・・・ ¥19,000
・初回割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-950
・先払割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-950
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-950

計 ¥17,765(税込)

 



Watch Movements Channel

チャンネル登録お願いします!



ムーブメントの動画やお知らせなど。

フォロー大歓迎!

@spicawatch



アトリエスピカWEBサイト