【事例紹介】OMEGA/De Ville/オーバーホール

 

(埼玉県 K様よりご依頼)

 


 

こちらの時計はオメガのデ・ヴィル/クォーツです。
ご依頼主様が約20年前に婚約時のお返しとして頂いた時計で、
今までオーバーホールに出したことがなかったこともあり、
今回初めてのオーバーホールをご依頼頂きました。

 

長年お使いになられていたようで、
数値を測定すると若干消費電流が高めで精度も少し落ちておりました。
また、電池が液漏れして緑青が付着しておりましたが、
幸いにも回路にダメージを与えるほどではなく、
回路やコイルは生きておりました。

 


 

クォーツの場合、電池交換しなくてはと思っていても
そのためだけになかなか時間を作るわけにもいかず
つい放置してしまうこともあると思います。
しかし、一番厄介なのがこの液漏れで
回路までダメになってしまうことも時々あります。
特に海外ブランドのもので海外製の電池が使われている場合は
放置するとかなりの確率で液漏れしますので要注意です。

 

お預かりした時計はオーバーホールを行ったことで
無事に消費電流も精度も戻りました。
ちなみにこちらのモデルは、
よく「devil」=「悪魔」と間違われやすいのですが、
正しくはフランス語の「De Ville」で「街角」を意味しています。

 

 

 

<サービス内容>

・基本OH(オーバーホール)料金 ・・・ ¥20,000
・初回割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,000
・先払割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,000
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,000

計 ¥18,360(税込)

 

時計修理専門店アトリエ スピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』