【事例紹介】TAG HEUER/CG2111/オーバーホール

 

(埼玉県 K様よりご依頼)

 

 

こちらの時計はタグホイヤー CG2111自動巻クロノグラフです。
ご購入以来ずっとオーバーホールされていなかったようで
こちらの時計にとっては初めてのオーバーホールとなりました。

普通に稼働しており、何も問題はなさそうなので
そのまま使い続けてしまいそうです。

 

ところが内部を詳しく見てみると↓流石に油切れを起こしており、
地板に歯車がくっついて離れない状態でした。

 

 

この状態が進行すると、下記のように(別の時計の歯車の画像です)
歯車のホゾと呼ばれる部分が削れてしまい、
残念ながらパーツ交換となってしまいます。

 

(左が正常な状態、右がホゾが削れてしまった歯車です)

 

オーバーホールは止まったり明らかに不具合が起きないと
なかなか出さないものだと思いますが、
よくこのタイミングで出して頂いたと思います。
結果的に特にパーツ交換の必要はなく、
良いコンディションに戻すことができました。

 


 

 

 

 

 

<サービス内容>

・基本OH(オーバーホール)料金 ・・・ ¥44,000
・初回割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-2,200
・先払割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-2,200
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-2,200

計 ¥40,392(税込)

 

時計修理専門店アトリエ スピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』