【事例紹介】RADO/713.9586.4/オーバーホール

【事例紹介】RADO/713.9586.4/オーバーホール

2018年2月1日

 




 

(埼玉県 O様よりご依頼)

 

 

こちらの時計はラドーのクォーツ713.9586.4です。
ご依頼主様のご主人がお持ちになられていた時計で
止まってそのままにしていたものの
思い出として動かせる状態にしておきたいとのことで
オーバーホールをすることになりました。

 

ムーブメントは今となってはなかなかお目にかかれない
ETA社の前身ESA(Ebauches SA)製のCal.935.111です。
液漏れがしていたので回路に不具合がないかどうか心配になりましたが、
回路に問題はありませんでした。しかし電池を交換しても針は動かず。
よく見てみると針がピクピクと動いております。
こういう場合は油切れや歯車に汚れが付着しているケースがほとんどで
オーバーホールを行うことで問題なく機能回復します。
こちらのラドーも無事に調子よく動くようになりました。

 

 

 

<サービス内容>

・基本OH(オーバーホール)料金 ・・・ ¥19,000
・初回割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-950
・先払割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-950
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-950

計 ¥17,442(税込)

 



時計修理店の日常を中心につぶやいてます。

フォロー大歓迎!

@spicawatch



Watch Movements Channel

チャンネル登録お願いします!



アトリエスピカWEBサイト