【事例紹介】OMEGA/Speedmaster/オーバーホール

 

(埼玉県 Y様よりご依頼)

 


 

<お預かりした時計について>

【ブランド】オメガ

【モデル】スピードマスター

【ムーブメント】Cal.1152

 

<症状>

・定期メンテナンスとして

 

→定期メンテナンスとしてオーバーホールのご依頼を頂きました。
若干遅れはじめておりますが、問題なく稼働しておりパーツ交換の必要はありませんでした。
ただし油は劣化しており、特に2番車、3番車と呼ばれる歯車のホゾ部分の油は
完全に切れてしまっておりました。
この状態が続くと、ホゾが削れてしまい交換になってしまいます。
たいていはそうなる前に遅れがひどくなったり稼働時間が短くなって気づくことも多いのですが、
止まって動かない状態までになるとどこかしら交換になるケースが多いです。
そのためやはり定期的、それも稼働しているうちにオーバーホールを行うことが
結果的には維持費の削減にもつながります。
とはいえ止まってはじめてオーバーホールを考える・・・
というお気持ちも痛いほどよくわかります。。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金 ・・・ ¥44,000
・初回割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-2,200
・先払割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-2,200
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-2,200

計 ¥40,392(税込)

 

時計修理専門店アトリエ スピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』