【事例紹介】Alain Silberstein/ARKITEK/オーバーホール

 

(茨城県 T様よりご依頼)

 



 

<お預かりした時計について>

【ブランド】アラン・シルベスタイン

【モデル】アーキテック

【ムーブメント】Cal.2892-2

 

<症状>

・すぐに止まってしまう

 

→お預かり時には自動巻のローターが回転しない状態でした。
その原因として考えられるのがローターを止めるネジの破損です。
割れた状態になって緩みもあり、ローターがガタついて動きが悪い状態でした。
またオーバーホール前の防水検査ではリューズ部分からNGが出ており、
こちらは内部パッキンが取り出せない構造で在庫もなく、
デザインがまったく違うリューズへの交換か、
非防水の時計としてお戻しせざるを得ない状況でしたが、
リューズ内部に詰まっていた汚れを綺麗に取り、
シリコングリースを塗り直した結果、防水検査もクリアに。
あまりないケースですが詰まっていた汚れが防水不良の一因だったのかもしれません。
逆に裏蓋の歪みに汚れが詰まるなどしてオーバーホール前に防水OKになっていたものの、
事後にNGになることもありオーバーホール後の防水検査はいつも祈る気持ちです。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金 ・・・ ¥32,000
・ローター受けネジ交換・・・ ¥1,000
・追加依頼割引(基本OH料10%OFF) ・・・ ¥-3,200
・先払割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,600
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF) ・・・ ¥-1,600

計 ¥28,728(税込)

 

時計修理専門店アトリエ スピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』