【こんな修理やってます】Vol.1 ダイアルインデックス外れ修正

【こんな修理やってます】Vol.1 ダイアルインデックス外れ修正

2020年3月10日

 

当ブログでは
オーバーホール事例が中心ですが
店頭では様々な修理を承っております。
こうした事例についても
少しずつ紹介していきます。

 

 

時計を落下させてしまった際などに
文字板の時表示(ダイアルインデックスといいます)が
外れてしまうことがあります。
こうした場合は一度ケースから取り出し
インデックスの足を差し込むとともに
接着タイプであれば古い接着剤を剥がし
2液タイプの接着剤を塗り直します。
基本的にはお預かりで翌日お戻しとなります。

 

<料金例/税別>
・インデックス接着基本料金・・・¥1,000
(2箇所以上の場合は1箇所ごとに¥500追加となります)

 

※お預かり期間・・・1日〜
(状態によります)

 



時計修理店の日常を中心につぶやいてます。

フォロー大歓迎!

@spicawatch



Watch Movements Channel

チャンネル登録お願いします!



アトリエスピカWEBサイト