【こんな修理やってます】Vol.2 バネ棒交換

【こんな修理やってます】Vol.2 バネ棒交換

2020年3月12日

 

 

「急にケースから
バンドが外れてしまった」
このような場合はケースとバンドをつなぐ
「バネ棒」というバネ入りの棒が
錆などで破損し外れるケースが多いです。

 

当店では様々なサイズのバネ棒を
ご用意しておりますので
よほど特殊な場合をのぞいて
その場ですぐお取り付けが可能です。

 

また、片方が錆びていると
もう一方も錆びていることが多く
状態をみて両方交換を
おすすめすることもあります。
バネ棒ではないタイプもありますので
お持ちの時計に応じて
ご案内させて頂きます。

 

<料金例/税別>
・バネ棒交換料金(1箇所)・・・¥300

 

※お預かり期間・・・10分〜
(状態によります)

 



時計修理店の日常を中心につぶやいてます。

フォロー大歓迎!

@spicawatch



Watch Movements Channel

チャンネル登録お願いします!



アトリエスピカWEBサイト