【オーバーホール・料金事例】オメガ/スピードマスター

【オーバーホール・料金事例】オメガ/スピードマスター

2020年3月12日

 

(埼玉県 S様よりご依頼)

 


 

<お預かりした時計について>

【ブランド】OMEGA

【モデル】Speedmaster

【ムーブメント】Cal.3220

 

<症状>

・すぐに止まってしまう

 

調子がわるくなってから
そのままの状態が続いてしまっていた
オメガ/スピードマスターを
オーバーホールさせて頂きました。
まずボタンがかなり固着しておりましたが
分解洗浄の上内部パッキンを行い
交換することなく済みました。
また内部では巻芯がかなり錆びており
こちらは交換となりました。

 

その他に時計を稼働させるムーブメントと
クロノグラフモジュールをつなぐ
ワッシャーとネジがなぜか1セットなく
新規で取り付けさせて頂きました。
油の劣化もかなり進行しておりましたが
その他に交換が必要なパーツはなく
防水検査も無事にクリアし
お戻しとなりました。
次回オーバーホールの時期がきましたら
ぜひまたご用命くださいませ。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金・・・ ¥44,000
・リューズ交換・・・ ¥11,800
・巻芯交換・・・ ¥1,500
・ボタン分解修理(2個)・・・ ¥5,000(@¥2,500)
・機止めネジ・ワッシャー新規・・・ ¥4,000
・初回割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-2,200
・先払割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-2,200
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-2,200

計 ¥65,670(税込)

 



Watch Movements Channel

チャンネル登録お願いします!



ムーブメントの動画やお知らせなど。

フォロー大歓迎!

@spicawatch



アトリエスピカWEBサイト