【TAG Heuer/タグ・ホイヤー】八丈小島でマグロに遭遇

(埼玉県 B様よりご依頼)

 

お預かりしたのはTAG Heuerの「professional 200」です。
ダイビングが趣味で世界中あちこちの海を潜った経験をお持ちのご依頼主。
こちらのTAG Heuer「professional 200」とは
八丈島やセブ島、ニューギニア島の海を一緒に潜ったそう。
中でも八丈島にほど近い八丈小島の海で遭遇した
大きなマグロの雄姿
が強く印象に残っているそうです。

 

 

お預かりした際に時計は動いていたものの、若干遅れ気味であり、
またカレンダーを早送りさせようとしたところ
うまく切り替わらないという症状がありました。
何が原因か探ってみたところ・・・

 

 

なんと分厚い電池が入っておりました。
↑左はメーカー推奨サイズの電池です。
ほんの0.9mmの差ですが、電池の厚さが違っていると、
裏蓋を閉めた際にムーブメントを圧迫するような状態になってしまい、
様々な不具合につながります。

 

 

長い間オーバーホールされていなかったため、
今回はオーバーホールをした上で適正な電池を入れたところ、
カレンダーも問題なく切り替わり、遅れもなくなりました。

 

 

こちらの時計は20年ほど前に
ご依頼主さまが初めて購入された思い出の時計だそうです。
回路もキレイな状態で防水性能も問題なく、まだまだ元気です。
お仕事での海外出張も多いそうなので、
海外でもしっかり時を刻んでくれることを願います。

ありがたいことに最近はクォーツ時計のご依頼も増えております。
2017年内は事例紹介割引(基本オーバーホール料金10%OFF)も適用となりますので
ぜひぜひご依頼くださいませ。

 

<サービス内容>
・オーバーホール ¥20,000
・初回割引 ・・・ ¥-2000
・先払い割引 ・・・ ¥-2000
・事例紹介割引 ・・・ ¥-2000

計 ¥15,120(税込)

 

 

時計修理専門店アトリエ スピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です