ソーラー腕時計について

 

実店舗がオープンしてから4日ほど過ぎました。
折り込みチラシ等を入れていないにも関わらず、
初日からご来店頂き、誠にありがとうございます。

 

電池交換やオーバーホールのご依頼、
そして動かなくなってしまった時計の相談など
さまざまなご依頼を頂きました。

 

お持ち頂いた時計もさまざまで、
これまでほぼ機械式時計のオーバーホール一本でやってきた自分にとって
大げさに言えば世界が広がった感じがしております。

 

また、困っていらっしゃるお客さまの
お役に立てることがとても励みになります。

 

その中で少し目立ったのが、
ソーラー電波腕時計の不具合についてです。
動かなくなってしまったとのことでしたが、
調べてみると、原因はすべて充電不足でした。

 

デスクライトのもとで1〜2時間ほど置いておくと、針が動き出しました。
もし動かなくなってしまった時計がソーラー電波腕時計でしたら、
ぜひ一度明るいところにしばらく置いてみてください。

 

ただし、一度充電不足になってしまうと、
基準位置がずれてしまい、電波を受信しても表示される時刻と
現在時刻がずれている場合も多いようです。

 

正常に戻すためには機種によって操作方法が異なりますので
説明書にしたがって操作して頂ければと思います。
(多くの機種はメーカーのサイト等に載っております)

 

どうしても操作方法がわからない場合は
お預かりさせて頂ければ調整いたしますのでぜひご相談ください。

 

 

時計修理専門店アトリエ スピカのWEBサイトはこちら→『時計修理専門店アトリエ スピカ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です