【オーバーホール・料金事例】セイコー /キングクォーツ

【オーバーホール・料金事例】セイコー /キングクォーツ

2020年4月21日

 

(埼玉県 K様よりご依頼)

 


 

<お預かりした時計について>

【ブランド】SEIKO

【モデル】KING QUARTZ

【ムーブメント】Cal.4823B

 

<症状>

・止まり

 

昨日ご紹介のディオールとともに
オーバーホールのご依頼を頂きました。
こちらのキングクォーツは
約40年前に製造された時計です。
クォーツ時計の電子回路には寿命があり
約20年とも言われております。
しかしながら、このブログでも
何度も言及しておりますが
この年代の国産クォーツは
当時は機械式よりも高価で
つくりもしっかりしており
現役で動く個体も多い印象です。
オーバーホールを機に
少しでも長く稼働してくれれば幸いです。
クォーツ時計のオーバーホール頻度は
一般的に8年程度と言われますが
次回もこちらの時計と会えることを
心から願っております。

 

<料金例>

・基本OH(オーバーホール)料金・・・ ¥17,000
・デイデイト追加料金・・・ ¥1,000
・風防交換・・・ ¥3,500
・追加依頼割引(基本OH料10%OFF)・・・ ¥-1,700
・先払割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-850
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-850

計 ¥19,910(税込)

 



Watch Movements Channel

チャンネル登録お願いします!



ムーブメントの動画やお知らせなど。

フォロー大歓迎!

@spicawatch



アトリエスピカWEBサイト