(埼玉県 S様よりご依頼)

特徴的なケースが人気のロードマチック
↑ケース形状が特徴的です
様々なケース種類があるロードマチック
↑2本同時にお預かり致しました

<お預かりした時計について>
【ブランド】SEIKO
【モデル】LORDMATIC
【ムーブメント】Cal.5606A

<症状>
止まりおよび精度低下

セイコー/ロードマチックを
お二つお預かり致しました。
1本は止まりの状態で
もう1本は稼働するものの
進みが大きい状態でした。

1968年に製造が開始されたCal.5606A
↑約50年前に製造されたとは思えない綺麗さでした
ムーブメントにはサビもなくひと安心
↑サビも確認できずひと安心です

内部を詳細に点検したところ
止まりの原因は
潤滑油の劣化によるものでした。
また精度の低下(大幅な進み)も
潤滑油の劣化が原因でした。
具体的には下記画像のように
機械式時計の心臓部とも言える
ヒゲゼンマイに油が付着し
ヒゲゼンマイ同士が
くっついてしまう状態でした。
そうなると正しい伸縮運動ができず
振幅周期が短くなり
極端な進みに出てしまいます。
機械式時計に磁気がNGと言われるのも
同様にヒゲゼンマイ同士が
磁気によってくっついてしまうためです。

ヒゲゼンマイがくっついてしまっている様子
↑ヒゲゼンマイがくっついてしまっている様子

またこちらの機械は
カレンダー早送り禁止時間帯に
早送り操作をしてしまうことで
パーツに不具合が出やすいのですが
こちらは2本とも大丈夫でした。
(交換となると¥8,000くらいします)
カレンダー早送り禁止時間帯って何?
と思われる方はぜひ
下記記事をご参照ください。

文字板側のムーブメントです
↑文字板側のムーブメントです
カレンダー禁止時間帯に操作することで不具合が起きやすい歯車
↑カレンダーの13部分に見える歯車が
カレンダー早送り禁止時間帯に操作することで
不具合が起きやすい歯車です

その他のパーツ・歯車類に問題はなく
オーバーホール後はお2つとも
順調に稼働してくれました。
ぜひ末長く大切にお使いください。

↑ムーブメント動画
↑カレンダーが動くしくみ

<料金例※2本>
・基本OH(オーバーホール)料金・・・ ¥25,000
・ワンピースケース追加料金・・・ ¥1,000
・デイデイト機能追加料金・・・ ¥1,000
・初回割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-1,250
・先払割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-1,250
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-1,250
・基本OH(オーバーホール)料金・・・ ¥25,000
・ワンピースケース追加料金・・・ ¥1,000
・デイデイト機能追加料金・・・ ¥1,000
・追加依頼割引(基本OH料10%OFF)・・・ ¥-2,500
・先払割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-1,250
・事例紹介割引(基本OH料5%OFF)・・・ ¥-1,250
・消費税・・・ ¥4,525
計 ¥49,775(税込)